池江璃花子の治療期間や復帰時期は?日大合格したが今後についても!

今回の記事の内容は、水泳競技日本代表の池江璃花子選手が先日自身のツイッターで白血病を公表した。

 

まさかの発表に日本だけではなく、世界からの驚きの声が出ており今後の治療期間や復帰はいつなのか心配されている。

 

スポンサードリンク




池江璃花子の治療期間や復帰時期は?

白血病の治療は、半年から1年程度掛かるのではないかと言われている。

これはあくまで最短の治療期間であり、この期間は絶対安静になるので運動することはほぼ出来ない。

 

白血病には、急性白血病と慢性白血病があり骨髄性白血病なのかやリンパ球性白血病になるのかで変わってくると言われている。

 

池江璃花子選手の詳細な発表はされていないが、急性骨髄性白血病である可能性が高いと思う。

 

名前の通り突然骨髄が異常を起こしてしまい、正常な血液を作ることが出来なくなってしまい白血病となる。

 

池江璃花子選手の場合、不幸中の幸いであるが早期発見かつ急性骨髄性白血病であったことにより完治の可能性は95%に上るという。

 

一昔前では、発病したら95%の人は亡くなってしまう病気であったが現代の医療はとても進化しておりほぼ治る病気となる。

 

池江璃花子選手のツイッターでも、必ず克服して戻ってくると力強いコメントを発表している。

 

2019年2月時点で復帰はまだ未定であるが、情報が分かれば更新していこうと思う。

 

スポンサードリンク




日大合格したが今後についても!

池江が4月から進学予定の日大が13日、全面的な支援を約束した。ホームページ上で「スポーツ科学部に入学する池江璃花子さんの一日も早いご回復を祈念するとともに、学業並びに競技復帰に向けて全面的に支援いたします」と発表した。

デイリースポーツから引用

 

上のスポーツ新聞からの引用になるが、2019年4月から入学することになっている日本大学への入学は本人とも相談した様であるが変わらず入学することになっている。

 

日本大学の対応はとても素晴らしいものだと思うし、まだ18歳の女性が白血病と言う病になって毎日心配な日々を暮らしていると思うが全面バックアップを約束してくれるのは本当に嬉しいだろう。

 

 

ツイッター上でもの応援の声が書き込みされている。

現状発表されている段階では、復帰の時期は全く分かっていないがいつか元気な姿で水泳をしている姿を見たいと多くの人が望んでいる。

 

スポンサードリンク




まとめ

  • 治療期間は早くて半年から1年程度は掛かると思う。
  • 復帰の時期も現段階では不明である。
  • 日本大学への入学は決まっており、大学側も全面バックアップをする。

 

スポンサードリンク




【関連記事】

池江璃花子が白血病で入院している病院は?症状や東京オリンピックも!

池江璃花子の病院名はどこ?場所や名前と入院期間や治療方法も!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください